しわ たるみ

しみやたるみを減らすには、毎日のスキンケアが鍵を握っています。

加齢によって増えてしまうしみやたるみを減らすためには、毎日のスキンケアが鍵を握っています。今までなかった場所に、しわやたるみができているということがあります。若い頃の顔立ちとくらべると、しみやたるみが増えた分、年をとって見えるようになったと感じる方もいます。まぶたが重たくなって、目がくぼんで見えるようになるととたんに年寄りに見えますが、カムフラージュは困難です。

 

皮膚がたるみ、あごのラインのシャープさが失われると、若々しいイメージがなくなって年老いたふうに見えます。実年齢よりも年寄りに見える要因の一つに、目尻や口許に小じわができて、たるみが増すことにあります。弾力がなくなった皮膚はたるみやすくなりますが、その背景には食事や紫外線の影響があります。

 

お肌に紫外線を照射されると、メラニン色素が生成されて日焼けが起きるだけでなく、肌の保湿力が失われて乾燥しやすくなったり、ヒアルロン酸量が減少してしまいます。頭から顔へとつながっている皮膚の血液を巡りやすくするために、マッサージして血行を良くし、皮膚の状態を改善するというアプローチもあります。顔にはしわが目立ちやすい場所がいくつかあります。

 

ほうれい線や、目尻、眉間のしわなとです。小鼻から口もとにかけてほうれい線のしわができるのは表情変化や生活習慣によってできるものだといいます。お肌にできたしわやたるみを解消するには、精神的なストレスを緩和することや、バランスのとれた食生活をこころがけること、洗顔やスキンケアを正しく行うことが大事です。

page top