しわやたるみを予防

しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

しわやたるみの予防に有効的な方法として、毎日の洗顔とスキンケアがあります。洗顔やスキンケアはもちろんのこと、マッサージや普段の食事内容にも気を配ることは、肌の健康を維持するために必要なことです。季節によって紫外線の強さは変わりますが、年間を通して常に紫外線対策をするべきだと言われています。

 

昔は、少しくらいは日焼けしたほうが好ましいという風潮でしたが、現在では紫外線は防ぐべきものです。強い紫外線を受けた肌は細胞が破壊されて、肌を傷めてしまうので、避けたほうがいいといいます。お肌に紫外線を受けると、そのせいで色素沈着が起きたり、肌の水分が失われてしまうからです。

 

紫外線によるダメージを少しでも回復させるために、特に日常の洗顔と洗顔後のスキンケアに気を遣う必要があります。洗顔方法で気をつけることはまず、クレンジング剤を手に取り、優しくゆっくりと肌の上を撫でるようにすることです。クレンジング後の洗顔も、しっかり立てた泡を顔に乗せて擦らないように、泡を滑らせるように顔を撫でながら洗います。

 

38度以上の熱いお湯を使って顔を洗うと、皮膚に残して起きたい肌本来の油分まで流出してしまうので、ぬるま湯で洗うようにします。洗顔が終わったら、皮膚がまだ湿っているうちに化粧水をふんだんに使って皮膚に浸透させ、乳液でフタをします。紫外線の影響で乾燥しているお肌でも、正しい洗顔とスキンケアを行うことで、皮膚に必要な水分を補ってあげることが可能になります。

page top